時代錯誤? 「教育勅語」明治のエリートが書き上げた315字に平成の我々が振り回される理由

社会

2019/4/11

『くわしすぎる教育勅語』(高橋陽一/太郎次郎社エディタス)  教育勅語とは何か。それは1890年(明治23年)10月30日に、明治天皇の名をもって当時の帝国大学など直轄学校に渡された、「朕惟フニ(ちんおもうに)」で始まる315字(署名などを加えると332字)で書かれた勅語(今でいうおことばのこと)だ。  今から2年と... 続きを読む