2030年代に無料風俗・無料ラブホが誕生!? 未来のセックス年表を作るとこうなる…。

社会

2019/4/26

『未来のセックス年表 2019――2050年』(坂爪真吾/SBクリエイティブ)

「AIは私たちの暮らしをどう変えていくのか」という話題を扱う書籍は近年急増した。近い将来の経済や生活様式のあり方を考えるうえで、2045年頃に訪れるであろうシンギュラリティ(人工知能が人間を超えるとき)の存在は見逃せない。

 AIによって急激に変化する未来を考えるとき、メディアなどではあまり表立って議論されにくいが、どうしても外せないテーマが出てくる。それはセックスだ。

 もう既に、VR(Virtual Reality:仮想現実)ゴーグルを装着して観るAVは普及している。「好みのポルノスターとバーチャルセックス」と聞けばSFの話のようだが、もう半分くらいは現実のものとなってきているのだ。

 VRセックスは現状のポルノの延長線上にあるものと捉えることもできるが、技術の進歩はやがて、私たちの性生活のあり方、セックスやパートナーに対する価値観、性犯罪や出生率にいたるまで、私たちのありとあらゆる「性」に変化をもたらすかもしれない。

『未来のセックス年表 2019――2050年』(坂爪真吾/SBクリエイティブ)は、あらゆる性に関する社会問題のエキスパートである著者が、これまでの知見とAIの最新研究を踏まえ「性に関する未来予測」をまとめ上げた1冊だ。

 本書の第1部「日本人の性 未来予測カレンダー」では、今後30年のセックスに関する未来予測が挙げられ、それぞれが詳細に解説されている。その気になる未来をここに紹介したい。

2019年:「パパ活女子大生」がキャンパスに溢れる
2020年:単身の高齢女性が「ジジ活」を始める。
2021年:「アダルトコンテンツ難民」の高齢者が街をさまよう
2024年:未成年の「フェイクポルノ」がネットで拡散される
2025年:セックスレスの夫婦がマジョリティになる
2027年:女性嫌悪VS男性嫌悪の戦争が泥沼化
2028年:緊急避妊ピルが薬局で買えるようになる
2029年:「同意のないセックス」が犯罪になる
2030年:地方都市からデリヘルが消える
2031年:Vtuberが全国の学校で性教育の授業を行う
2032年:障害者・高齢者のセックスをテクノロジーが補完する
2033年:県庁所在地の「沖縄化」が進む
2034年:VR風俗がキャズムを超える
2035年:選択的夫婦別姓制が認められる
2036年:「無料風俗店」「無料ラブホ」が登場。日々の性行為のデータが吸い上げられる
2038年:同性婚が認められる。同性カップルも特別養子縁組が可能に
2040年:自動化・無人化の果てに、セックスの「再魔術化」が起こる
2043年:AVがシンギュラリティを突破する
2045年:「ロボットデリヘル嬢」が街を闊歩する
2050年:不倫という概念が無くなる
(本書10~15頁)

 この年表だけ眺めてみても、さまざまな驚きや気づきが生まれてくる。本書では上に挙げた「未来予測」が、それぞれ詳細に解説されている。

■性教育の対象は「子ども」から大人へと移行する

 この頃、緊急避妊ピル(アフターピル)のオンライン処方に関するニュースが話題となっている。なかなか進まない緊急避妊ピルの一般販売。2028年以降、医師の処方箋がなくとも薬局にて廉価で買えるようになると本書は予測する。

 そもそもなぜアフターピルの一般販売は遅れているのか。それは性教育に未熟で無責任な大人のせいなのかもしれない。アフターピルの議論からもうかがえるように、性教育の問題を突き詰めていけばいくほど、性に対する大人の偏見や無知こそが「子どもたちの発達段階に見合った適切な教育」を妨げているのだと著者はいう。

 そうした「古い性教育」に今後立ち向かうことになるのは、AIなどのテクノロジーによってアップデートされた性教育だという。それらは「性教育としてのAV」をやがて駆逐し、性教育を歪める真の元凶である「私たち大人」へと教育の矛先を向かわせるのかもしれない。

■「無料風俗」「無料ラブホテル」の登場。あなたは利用したい?

 昨年10月、アダルトポータルサイト「FANZA」がサイト訪問者の利用情報の統計データを発表したことは記憶に新しい。1年間の検索ワードのランキングや都道府県ごとの滞在時間数などが公表され、SNSなどで話題を集めた。

 AIの時代では、こうしたデータは「新しい石油」になると著者は説く。「セックス」に関しても、データを制した企業がビジネスを制するのだ。

 そうした流れの中で、2030年代半ばに出てくることが予想されるのが、「無料風俗」や「無料ラブホテル」というわけだ。利用者は無料でサービスを利用できる代わりに、センサーが張り巡らされた室内で、心拍数や発汗量、オーガズムまでの持続時間や消費カロリーといった行為中のデータを運営企業に提供する仕組みだ。「スマートコンドーム」や「スマートペッサリー」のような、「性器へのウェアラブル端末」も生まれるかもしれない。

 本書で紹介されるセックスに関する未来予測は、どれも意外なようで、しかし考えてみると納得がいくものばかりだと感じる。また、「性」がコンテンツとして扱われる近未来にて、「エロい」という概念がどのように残り、また変化していくのかも気になるところである。

 本書の未来予測と解説から、今後のセックスについて考えを巡らせてみてはいかがだろうか。

文=K(稲)