担当編集者を殺してしまった売れない作家。“ゴーストライター“として起死回生を狙う男の行く末は?

レビュー

担当編集者というものは、ときにやさしく、ときに厳しい存在だ。こちらを褒めて気分良く仕事ができるようにしてくれることもあるし、納品した原稿が真っ赤になって戻ってくることもある。しかし、いずれにしても感…

本文を読む