「発表してきた漫画は私が作ったものではありません」――26歳漫画家のピュアで爽やかなタイムスリップ物語

マンガ・アニメ

2019/5/12

『世界で一番早い春』(川端志季/講談社)  もしも時間を戻せるのなら、あの日、あのときをやり直したい。行き詰まったとき、そう考える人は少なくないだろう。あのとき、自分がこうしていれば、あんなふうに言わなければ、今、苦しまなくて済んだのに──『世界で一番早い春』(川端志季/講談社)の主人公・晴田真帆も、そんな後悔を抱え... 続きを読む