東京の地下鉄で見かける謎のキャラクター「ジャムム」が本になった! 渋谷や浅草など東京名所でユル~い事件を起こす!?

エンタメ

2019/5/22

 突然ですが、「ジャムム」というキャラクターをご存じですか? ビジュアルを見て「あっ」となる方も多いのではないでしょうか。

 東京の地下鉄内に突如登場した謎のキャラクター「ジャムム」。何かの広告でも地下鉄のマスコットでもない、というキャラクターの正体は、通勤ラッシュの電車で感じる私たちのストレスを少しでも軽くしよう、と誕生した癒し担当のキャラクター。

 仲間とたわむれ、タブレットでエゴサーチ、乗客をじっと眺めていたり、と独特なユルさとかわいさでたちまち人気の彼らが、このたび『おでかけジャムムだよ!』(のぶたともじ/主婦の友社)でついに本になりました。

『おでかけジャムムだよ!』(のぶたともじ/主婦の友社)

 ジャムムはジャムから生まれたジャムの妖精。本書では、りんごジャムム「リタロウ」、いちごジャムム「イチカ」、ぶるーべりージャムム「ブルール」、おれんじマーマレードムム「マーレ」、ぴーなっつクリームム「ナッチ」の5匹のジャムムの誕生秘話や自己紹介から始まります。

 普段はのどかないなかのラクエンに住むジャムムたち。ドローンに乗って東京の地下鉄にやってきて、今回初めて地下鉄を降り東京観光へ繰り出します。

 銀座や表参道、浅草、清澄白河など、24の東京名所に出没し、ユル~い事件が起こったり、起こらなかったり…。癒し系キャラジャムムたちの魅力が満載です。

 東京の地下鉄利用者のみならず、今春から東京近郊に住み始めたばかりの方、東京に遊びに行く予定の方も楽しめそうな1冊。日々の疲れをジャムムたちにほっこり癒してもらってみてはいかがでしょうか。