もし「偶然」が誰かの手によってつくり出されたものだとしたら――偶然を生み出す仕掛け人の物語

文芸・カルチャー

2019/5/22

『偶然仕掛け人』(ヨアブ・ブルーム:著、高里ひろ:訳/集英社)  世の中にはたくさんの偶然が存在し、ほんの些細な偶然によってその後の人生が大きく変わってしまうことがある。「あの時、あの道を通っていなかったら…」「あの時、風邪をひかなければ…」。そんな偶然が、もし誰かの手によって操作されていたとしたらどうだろう? 『偶... 続きを読む