ヤンキーや暴走族の“パシリ”として潜入取材! 暴力的な絆社会のウラにあるものは――

社会

2019/5/27

『ヤンキーと地元』(打越正行/筑摩書房)  ある組織や集団のことを知りたいと思ったら、潜入するのがもっとも確実な手だろう。だから潜入捜査をテーマにした作品は、世界中に数多存在する。今年公開されたスパイク・リー監督による映画『ブラック・クランズマン』も、黒人とユダヤ人の刑事が二人三脚でKKKに潜入し、捜査するという話だ... 続きを読む