抱きたい、好きだ……。ときには仕事も失うことになる「セクハラ」、その事実認定の境目

2分で読める
レビュー

ハラスメントを引き起こしてしまった者は、ときにこう述べる。悪気はなかった、と――。 苦しむ者はいても、利益を享受する者は誰もいないのがハラスメントの特徴だ。それでもなおハラスメントが後を絶たない要因には…

本文を読む