小松菜奈・門脇麦・成田凌×秦基博・あいみょんが奇跡のコラボ! 青春音楽映画『さよならくちびる』関連本2冊で堪能

エンタメ

2019/6/1

 2019年初夏、奇跡の青春音楽映画が、多くの人の心を打ち鳴らすことになりそうだ。小松菜奈、門脇麦、成田凌が共演する音楽ロードムービー『さよならくちびる』は、自分たちの明日を探す若者たちの揺れ動く心情を描いた青春音楽映画。楽曲提供を秦基博、あいみょんが担当。今をときめく俳優陣とアーティストが奇跡のコラボを成し遂げたこの映画は、映画の公開前から大きな話題となっていた。

『さよならくちびる』(徳間文庫)
文庫本の帯デザイン

 脚本は、『黄泉がえり』『どろろ』などの作品で知られる監督・塩田明彦による完全オリジナル。そのノベライズ『さよならくちびる』(徳間文庫)も、読むだけで、頭の中にメロディーが鳴り響く、美しい音楽小説に仕上がっている。どうして、想いあうほどに、私たちはぶつかりあってしまうのだろう。3人の若者たちの姿に、自分を重ねる者も少なくはないはずだ。

 物語の中心となるのは、インディーズで大人気のギター・デュオ「ハルレオ」の解散。ハルとレオは、互いが互いを想いあいながらも、どうしても上手くいかなくなり、デュオを解散することになった。バンドのサポートをする付き人のシマと共に、ハルとレオは、解散ツアーで全国7都市を回ることになる。ツアーの中で、3人はそれぞれ、過去の出来事を思い出していく。次第に明かされていく、秘められた思い。ツアーの終わりに、彼らはどんな景色を見るのだろうか。

どうせ止まってしまう
この心臓に水を与えて
時に走らせ動かしていく私達は
怒って傷ついて泣いて
また怒って笑って恋して
いつまでたっても吹き溢れない
湯を沸かすのだ
――「誰にだって訳がある」

「誰にだって訳がある」。物語の中に登場する楽曲のタイトル同様、この物語に登場する3人は、それぞれ事情を抱えている。たとえば、3人はそれぞれ片思いをしている。レオは、シマのことが好きだし、シマはハルのことが、そして、ハルはレオに、友達以上の気持ちを抱えている。だが、誰もが、その気持ちをどうしたら良いのかと、思い悩み、3人の思いはもつれた糸のように絡まりあっていく。その様子がなんと切ないことだろう。秦基博やあいみょんの歌詞が物語に彩りを添え、読み進めれば進めるほど、胸が苦しい。そして、このストーリーを、日本映画界注目の役者陣が演じるのかと思うと、ぜひとも観てみたくなる。

『映画「さよならくちびる」公式ブック』(徳間書店)

 映画の世界観は、『映画「さよならくちびる」公式ブック』(徳間書店)でも味わうことができる。懸命にギターをかき鳴らすハルとレオ。ツアーに向かう車中での姿。今にもふれてしまいそうなくちびる…。ストーリーを追うスチール写真で俳優陣の表情を見ているだけでも、胸がギュッと締め付けられるような切なさを覚えさせられる。また、インタビューでは、役づくりや映画撮影の舞台裏を知ることができるのも嬉しい。小松菜奈は、歌に苦手意識があったというが、いつか共演したいと思っていた門脇麦と共演できることに運命的なものを感じ、オファーを受けたというし、門脇麦は、小松との出会いを「この出会いは財産だ」と振り返る。撮影時だけではない、彼女たちの絆が垣間見えるのも嬉しい。

 日本のエンタテインメント界注目のキャストと、稀代のアーティストによる奇跡のコラボを実現した『さよならくちびる』。映画はもちろんのこと、書籍でも、ぜひこの作品の魅力を味わってみてほしい。ほろ苦い青春音楽ストーリーは、居場所を求めてさまよい続けるすべての若者の心に共鳴するに違いない。

文=アサトーミナミ