死んだ妻を取り戻すためタイムリープした過去で、やり直すたびに妻の記憶が失われていく…『何度でも、紙飛行機がとどくまで』

文芸・カルチャー

2019/6/3

『何度でも、紙飛行機がとどくまで』(大城 密/KADOKAWA)  運転していた車が事故に遭い、妻とお腹の子どもが死んでしまったら。その後、気づけば妻と出会う前に引き戻され、やり直す機会を与えられたと... 続きを読む