無視、無言はやめてほしい… 妻の不機嫌におびえる夫たち

暮らし

2019/6/4

 妻の不機嫌に怯える夫たちとしては、「何があっても無視しないでほしい」「話し合っている最中に無言はないでしょ」とささやかな反論が聞こえてくる。直接、妻には言えないため、無視されたときの心理を細かく語ってもらった。

■急に無視されても理由がわからなくて困惑

「うちの妻、あるとき突然、僕を無視するようになるんですよ。たぶん、僕が何かやらかしているんだろうけど、理由がわからない。『悪いところがあったら反省するけど、理由がわからないからどうしようもないよ』と言っても無視。目の前にいるのに、いないかのようにふるまわれると、ものすごく気持ちが落ち込むんですよね。自分が無価値に思えてくる」

 ユウジさん(44歳)はそう話す。結婚して15年、13歳と10歳の子がいるが、妻は子どもたちの前でも平気で夫を無視するという。

「そうなると子どもたちも僕には話しかけてきませんしね。家庭内は最悪の雰囲気。子どものためにもよくないなあと思うんです。1週間近くそういう状態が続くこともあります。トークアプリで話しかけてみても無視。妻の機嫌が直るのを待つしかありません」

 いくらか機嫌がよくなってきたら、花やケーキなど妻の好きなものでさらに機嫌がアップするように心がける。その後、何が原因だったか聞いてみるのだが、そのころには妻自身も忘れていることが多い。子どもの前ではせめて普通にしていてほしいと訴え、そのときは「わかった」と言うものの、数ヶ月たつとまた同じことが繰り返される。

「もう少し子どもたちが大きくなったら、いつかビシッと言ってやろうと思っているんですが。彼女自身がそのことについてどう思っているかわからないのがつらいですね」

■話し合っているのに無言になる

 妻のほうから、たとえば子どものことについて話し合いたいと持ちかけてきているのに、実際、話をしていると急に無言になる。何が気に入らないのか、自分の意見をはっきり言ってほしいと頼んでも無言。そうなると、手に負えないとオサムさん(48歳)は言う。

「僕の言葉のどこに反応したのかわからない。それが困るんですよね。こちらは話し合いだから冷静に言葉を選んでいるつもりだし、解決策もきちんと提示しているのに、彼女は何が気に入らなかったのか。今度はそれを考えなければいけなくなる。で、結局、話し合いは未遂に終わる」

 それはムダなことだとオサムさんは考えている。だったら最初から話し合いをしようなどと言わなければいい、と。

「数日たって、あの件、結局どうすることにしたのと尋ねると、『あなたが決めて』って。なんだよそれってなるでしょう?」

 言いたいことがあれば言ってほしいと常に妻に頼んでいるのだが、妻はきちんとすべてを伝えてくれたことがない。話が終わるまで自分は口を挟まないからと言っても、妻は途中で意見を求めてくる。だから話すと無言になる。結婚以来、ずっとそれが続いているのだそう。

「今はよほどのことがない限り、話し合いはしなくなりました。妻はそれが不満かもしれませんが、何かあったらLINEで話そうと言っています。そのほうが妻は無言にならずにすむ確率が高いので」

 夫は夫で気を遣っているようだ。頑なな妻の気持ちを柔らかくする方法はあるのだろうか。

文=citrus ノンフィクションライター 亀山早苗