孤島に作られた本物そっくりの街でくり広げられる殺人シミュレーション

小説・エッセイ

2012/4/25

西村京太郎というと、十津川警部の「亀さん、(事件の起きた列車に)乗ってみよう」が奥の手で、なぜか弁当食ってる(それも地元の名物の)シーンが挟まったりして、捜査してるんだかただの鉄っちゃんなのか途中で分からなくなってるありさまだけれど、本書では列車に乗らない。 列車に乗らないかわりに突然後頭部を殴られて昏倒、ふと気がつ... 続きを読む