『サザエさん』波平が“1本毛”を引っ張るまさかの行動! カツオの一言に爆笑の声

エンタメ

2019/6/9

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 6月2日(日)に放送されたアニメ『サザエさん』で、波平が自身のトレードマークともいえる“頭頂部に生えた1本の毛”をぞんざいに扱い、視聴者からは「大事な1本毛を引っ張る波平w」「苦しい時の一本毛」などと爆笑の声が多くあがっている。

 話題になったエピソードは、作品No.7942「タラちゃん虫歯予防デー」。ある日、サザエはタラちゃんを歯科検診に連れて行ったが、タラちゃんは怖いとぐずってしまい、検診は断念された。後日、サザエは「好きなモノなんでも買ってあげるわ」とおもちゃで釣り、タラちゃんを連れ出すことに成功。

 歯医者へ向かう道中、偶然タラちゃんの同級生で、今しがた歯科検診を終えたばかりだというリカちゃんに遭遇。まだ検診に行ってないことを告白するタラちゃんに、リカちゃんは「フフフ、タラちゃんたら怖いんでしょ? 赤ちゃんね」とドヤ顔で笑い飛ばす。この“赤ちゃん扱い”で火が付いたタラちゃんは、すぐさま検診に行き、無事に虫歯なしの結果を受けたのだった。

 そんな折、波平は夕飯の最中、奥歯に「ズキン」とした痛みを感じる。夕食を中断し、フネから心配の声をかけられたが、「いや~… ああ、ごちそうさま」とごまかして部屋の外へ。洗面台で鏡とにらめっこしながら、口を開けて様々な角度から奥歯の様子を見ようとする。

 そんな波平の姿を偶然目の当たりにしたカツオが、「父さん、なにしてるの」と声をかけると、波平は驚いた様子で「い~… い… いや。別に」と慌てふためき、咄嗟に“ない”髪を整えはじめ、頭頂部に生えた1本の毛を“シュッ シュッ シュッ”と指で引っ張った。そして、「別に、なにかしてたわけではないぞ。おやすみ!」と言い残し、足早にその場を立ち去ってしまった。そんな波平の様子に、カツオは思わず「(髪を)鏡で見ても意味ないのに…」とポツリとつぶやくのだった。

 この波平の異常なテンパりように、多くの視聴者は騒然。「波平、ごまかしのために髪の毛さわる意味あったか⁉」「大事な1本毛を引っ張る波平w」「毛1本だけ手入れww」「苦しい時の一本毛」「鏡で見ても意味ないのに 笑うわ」「カツオも地味に酷いw」と爆笑の声が続出した。

 ちなみに、このエピソードの最後は、波平が奥歯を痛がっていることに気が付いたタラちゃんが、「おじいちゃん 歯医者さんに行ったらいいもの買ってあげるです」とサザエを真似て歯医者へ連れていくことに。道中、タラちゃんは波平の手を引き、「おじいちゃん 歯医者さんは怖くないですよ」「僕がいるから大丈夫です」と波平を激励。そんな2人の様子を見た街中の人は、微笑ましい眼差しを向けていたが、波平は顔を赤くし「タラちゃん…」と“羞恥心”に耐えるのだった。