NHK『ガッテン』直伝! 梅雨時期の調理器具“10秒熱湯がけ”は必須! 一生使える黄金ワザ【やってみた】

暮らし

2019/6/9

『心、お金、時間の巡りがよくなる「暮らしのサイクル」の作り方』(井田典子/KADOKAWA)

 全国各地で梅雨入りしてきているこの時期は、特にカビや食中毒、ニオイなどに気を付けたいですよね。でも具体的にはどんなことをすればいいのかわからないという人も多いと思います。

 そんなときに役立つのが『NHKガッテン!「家事」「暮らし」がラクで楽しくなる科学の黄金ワザ100』(主婦と生活社)です。ガッテン! と言えば、生活に役立つワザを科学的な根拠をもとに紹介することで人気ですが、ここには梅雨に限らず普段から役立つ黄金ワザがたっぷり詰まっています。

 知っているのと知らないのとでは家事のラクさが大違い! そこでこの中から、今のじめじめした梅雨時期に役立つワザ3つを実際に試してみました。

1、調理器具は使う前に“10秒熱湯がけ”(P.20)

 梅雨時期はいつも以上にキッチンの衛生状況が気になりますよね。食中毒対策をしようと思っても菌が目に見えないだけに、どこをどうやってケアすればいいのかわからず、かといってむやみやたらとキッチンじゅうを殺菌するのは大変です。

 そんなときは食品を扱う調理器具を熱湯消毒するのが1番の有効手段です。おもな食中毒菌は83℃以上の熱で死滅するので、調理直前にまな板や包丁などの調理器具、スポンジ、ふきんなどに10秒ほど熱湯をかければ食中毒予防になるんだとか。

 たった10秒お湯をかけるだけで予防できるのは簡単で嬉しいですよね。ちなみに熱湯をかけた調理器具を使う際は生ものを最後に調理するようにしましょう。

2、月1回の“アイロン除菌”でニオイ菌を防ぐ!(P.32)

 梅雨時期中は洗濯物を部屋干しされている方も多いと思います。そこで気になるのが「生乾き臭」。しっかり乾いていると思っても晴れて外干ししたときとは明らかに違う臭いがしますよね。

 最近の研究で、この原因は「モラクセラ菌」という雑菌だということが判明。湿気を好み、乾くのに時間がかかると繁殖し、悪臭を放つというモラクセラ菌は実は「熱」に弱く、60℃以上の高温で洗うと除菌できるということもわかってきたといいます。ですが、日本の洗濯機は水洗いが基本となっていて、日々の洗濯で対処するのは難しいそう。

 そこでおすすめなのが、脱水後の洗濯物をアイロンで加熱する方法。中温から高温(160~200℃)に設定したアイロンを脱水後の湿った洗濯物に直接当てます。蒸気が出ていれば中まで熱が伝わっている証拠で、ほぼ乾くまで続ければしっかり菌を退治できるんだとか。

 あと、最近街でよく見かけるコインランドリーにあるような、80~120℃の高温になる乾燥機を利用しても同様の効果を得ることができるそうです。とはいえ、これを毎日はできないと思った人はご心配なく。いずれも月1回程度行うだけで悪臭とさよならできるので、梅雨に入ったこの時期にまず1回やっておけば、快適な部屋干し生活を送れるはずですよ。

3、気になる足のニオイを週1回の靴ケアで予防(P.70)

 梅雨に限らず、これから暑くなってくるとさらに気になってくるのが「足のニオイ」。この発生源は、実は誰の足にもいる皮膚の常在菌なんだとか。汗をかいて高温多湿の状態で時間が経ち、ブドウ球菌などの最近が皮膚からはがれ落ちた角質を分解して増殖するときにニオイ物質を発生するそうです。

 このニオイを予防するためには、週に一度、アルコールを含ませた布などで靴の中をふきましょう。実際にお気に入りの靴でやってみたのですが、ふいてもシミなどになることはなく、2日に1回のペースで週3回ほど履いたのですが気になるニオイはありませんでした。

 ちなみに、靴のサイズが合わないと汗の量が多くなったり、同じ靴を連続して履くと、靴の中の汗が蒸発しにくく細菌が繁殖しやすくなるということもわかってきているので、快適な靴生活を送るためには毎日同じ靴を履かないなどの日々の靴ケアも大事になってきます。

 ここでは梅雨時期に使えるワザを中心に紹介しましたが、他にもお気に入りの服やタオルを長持ちさせる洗濯ワザや、お茶やコーヒーのおいしい作り方など、日々の生活でもすぐに試してみたくなるワザがたくさん紹介されています。

簡単&科学的な根拠があるからこそより実践してみたくなる裏ワザ

 以前、生活に役立つ裏ワザを紹介した専門番組はたくさんありましたが、気が付けばこの手の長寿番組はNHKガッテン! のみになってしまいました。とはいえ、まだまだ根強い人気で、その人気を支えるのはやはり、「身近なもので効果があるという科学的根拠がある」から。

 今は本当にいろいろな技術が発達し、機械を使えばあっという間にトラブル解消という便利な時代ですが、それでも家庭内にあるものを使い、根拠あるちょっとした工夫で快適になれるというのはいつの時代の人にとっても魅力的であることに違いありません。

 じめじめしてどんよりしがちな季節ですが、まるで実験を楽しむような感じで家事を楽しみ、快適な生活を送ってみませんか?

文=JUNKO