フライパンひとつで作る「ミートソーススパゲッティ」レシピ!【つくってみた】『レタスクラブ』

食・料理

2019/6/25

『レタスクラブ ’19 7月増刊号』(KADOKAWA)
『レタスクラブ ’19 7月通常号』(KADOKAWA)

 みなさまこんにちは。

 漫画家・イラストレーターの山本ありです。

 夏、皆さんはいつも通りに作れてますか?

 キッチン…めちゃくちゃ暑くないですか!?

 そして食べれてますか?

 さっぱりしたものに走りませんか!?

 山本の夏のご飯はさっと作れてサッパリしたものばかり…。

 あげく体力低下というダメな大人の堕落飯になってしまう事があるのです…。

 これじゃいかん! そう、夏こそしっかり食べ、体力をつけなくてはならないのに!

 今回のレタスクラブはそんな私や読者の皆様に素晴らしいテーマ、「夏 どーしても食べたい! 感動メニュー4」。

 こちらからフライパンひとつのスピード麺「ミートソーススパゲッティ」をつくってみます。

 肉だー! スパゲッティだー! 火は1コンロー!(山本スパゲッティ大好き)

 フライパンひとつでミートソーススパゲッティができるなんて、びっくり!

 今まで2コンロでせっせと作っていた苦労は…。

 もう一品はお子様歓迎のおつまみおかず「ギョニソ串カツ」

 ポテサラとトマトも一緒に。

 衣、ザクザク!このジャンクさ、縁日というか、祭り感のある味!

 子供は魚肉ソーセージに歓喜だろうなぁ…大人はネギのうまさに歓喜です。

 そして一工夫したソースがおいしい!ウスターソースにめんつゆを加えただけなのですが、パンチ増しで、余計にビールがすすむ!(このソースだけでも試す価値ありです)

 魚肉ソーセージもネギもそのままでも食べれるので、揚げ具合を気にしなくていいのがありがたい。

 夏、作るのが本当に億劫になりますが、なんとか工夫して乗り切りたいものです!

 がっつりしたものを食べるの忘れずに~~!!