号泣必至の和風ファンタジー、番外編を収録して書籍化!『鬼人幻燈抄』

レビュー

「人よ、何故刀を振るう」──『鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々』(中西モトオ/双葉社)の作中で、剣技に長けた主人公が、鬼に投げかけられる問いだ。刀の使い手にとって、刀は命、刀を振るうことは生きること。すなわ…

本文を読む