新海誠の新境地がここに!『小説 天気の子』が描き出す、“大人になること”と見えない明日への希望

文芸・カルチャー

2019/7/24

『小説 天気の子』(新海 誠/KADOKAWA)  言葉と映像の両方が溢れだしている人の頭の中って、どんなふうになっているんだろう。と、『小説 天気の子』(新海 誠/KADOKAWA)を読んで考えた。新海誠さんは、切り取られた一瞬の美に言葉などいらないことを知っている。だけど同時に、比喩を尽くして語ることで見えないは... 続きを読む