自ら名乗った「おかま」の衣を脱ぎ捨て、なまものとして生きる。少年アヤの最新エッセイ

文芸・カルチャー

2019/7/21

『なまものを生きる』(少年アヤ/双葉社)  つつがなく過ぎていく私達の日常には、ときどき小さなほころびが見える瞬間がある。友人がちょっとしたウソをついていることが分かったり、寂しさや辛さを隠すために、自分が人前で無理におどけているのに気づいたり。  ふつう人は、そうした違和感には気づかないフリをして生きているのだが(... 続きを読む