『天地明察』の冲方丁、新作はスパイもの!? 江戸を舞台に繰り広げられる諜報劇『剣樹抄』

文芸・カルチャー

2019/7/22

『剣樹抄』(冲方丁/文藝春秋)  豪腕な事業家ほど臆病な性格をしているというし、人気の高い芸能人ほど腰が低いものだという。それならば、人として強ければ強いほど、その内面には致命的な弱さを隠し持っているのではないか──読了後、そういった人間の二面性に思いを馳せずにいられなくなるのが、『剣樹抄』(冲方丁/文藝春秋)という... 続きを読む