爺婆が若返る「桃太郎」、やたらマッチョなウサギの「かちかち山」――300年前のおとぎ話

レビュー

300年前の子どもたちはいったいどんな本を読んでいたのだろう?『江戸の子どもの絵本: 三〇〇年前の読書世界にタイムトラベル!』(叢の会/文学通信)は、時代をこえた子どもたちの「読書」について考えるきっかけを…

本文を読む