「亡き夫のために、整形して憎い男の妻になりました」壮絶な復讐劇の結末は?

文芸・カルチャー

2019/8/12

『灼熱』(秋吉理香子/PHP研究所)  たったひとりの人物との出会いが、人生を焼き尽くしてしまうようなことがある。心や頭に焼印のように刻み付けられた存在を、人はどう慈しんでいけばいいのだろうか。『灼熱』(秋吉理香子/PHP研究所)は、読後にそんな想いに駆られる衝撃作だ。  本作の著者はこれまで『暗黒女子』(双葉社)や... 続きを読む