乱歩の愛好アイテムが勢揃いの怪奇探偵小説

小説・エッセイ

2012/5/7

「孤島の鬼」を江戸川乱歩の最高傑作だという人もいます。 一つには、乱歩が愛した猟奇のアイテムがこの作品の中に集合しているからでしょう。密室殺人、凄惨な女性の死体、身体的フリークたちの跳梁、サーカス、迷路、美少年や同性愛などなど。このほかに、乱歩の十八番としてかろうじて欠けているものがあるとすれば、鏡と劇場型犯罪くらい... 続きを読む