時間を忘れて作品の世界に飛び込もう!

コミック

2012/5/9

忘却のクレイドル (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/WindowsPhone/Android 発売元 : マッグガーデン
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:藤野もやむ 価格:400円

※最新の価格はストアでご確認ください。

続きが気になる作品、読んでいて謎が深まる作品。そういった作品は魅力的ですよね。作品の世界観にどっぷりはまってしまったり、時間を忘れて夢中になったりワクワクしたり。今回紹介するのは「忘却のクレイドル」です。

物語は揺篭島という島が舞台。戦争がいつ起こってもおかしくないという背景の中、15歳以上の若者には半年間の徴兵制とも呼べる義務教育がつけたされます。その義務教育が行われている揺篭島で、主人公のカヅキはそこで義務教育期間を仲間と共に過ごしています。しかし、その島(施設)には大人たちによる真の意図がありました。最強の兵隊を前線に送りだすという意図が…。

カヅキたちは学生が学校生活を送るように日々を過ごしています。しかし、徴兵制のような義務教育。やはり普通の学生よりも規律が厳しかったり、カリキュラムも射撃訓練やら毎日の健康診断と称した注射やら。中でも実習ではサバイバルをするのです。人を傷つけても生き残らなくてはいけないため当然怪我人が出たり…。カヅキは戦争が始まることを恐れていますが、本土に無事に帰れることを望んでいます。それは誰だって戦争は嫌ですもんね。

でもこの作品のすごいところはここからです。いつものように目を覚ますと、そこは荒れ果てた今までの島。いつものように一晩寝て起きただけなのにいったい何が起きたのか? 何とか仲間と再会はできたけれど、すべてが謎だらけ。カヅキたちの身にいったい何が起きたのか、島の禁止区域をはじめとする各施設の謎、そして同じく島にいる他の人たちの謎。読んでいて、これらの謎がページをめくる手を休ませてくれません。

普段は小説を読んでいる人でも、この多くの深まっていく謎、そして物語にはまってしまうのではないでしょうか。謎が深まりながら加速していく物語。すでに電子書籍版で発行されている部分だけではまだ解き明かせない多くの謎が今後の展開でどのように明らかになっていくのか。

続きが気になるような作品を読みたい方、謎があふれた作品を読みたい方、そのような作品を求めている方には特にオススメの作品です。


戦争のための義務教育

徴兵制のような義務教育だから射撃訓練もあります

子どもたちを戦争の兵隊にしようとする大人の陰謀が…

実習として行われる過酷なサバイバル

目を覚ましてから始まる激動の物語 (C)藤野もやむ/マッグガーデン