「うんこ」の話!? 63歳住所不定の奇才が描く、誰も見たことのない野卑で美しい世界

文芸・カルチャー

2019/8/24

『純子』(赤松利市/双葉社)  赤松利市。この作家がずっと気になってたまらなかった。馳星周氏が手がけた『不夜城』(KADOKAWA)のハードボイルド感に感動した後、彼が選考委員を務めた「第1回大藪春彦... 続きを読む