女性からのアプローチは無意味な「押し売り」!? 1ミリも迫らないで好きな男の心を奪うメソッドとは

恋愛・結婚

2019/9/20

『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』(ぐっどうぃる博士/SBクリエイティブ)

 好きな人の気持ちが1ミリもわからない。脈があるのか、まったくないのか。相手の気持ちがわからないのだから、この恋に打つ手はないのか…。そんな風に、「相手の気持ちがわからない」と、恋愛に思い悩む人は決して少なくないだろう。そんな人は、この本に頼ってみてはいかがだろうか。

『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』(ぐっどうぃる博士/SBクリエイティブ)は、110万ユニークユーザーを誇る恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティ」主宰の恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士氏による1冊。2004年から1万数千人もの女性の恋愛相談を受けてきた著者が、恋愛成就のためのメソッドを惜しげもなく披露した書籍だ。本書を読み終える頃には、あたかも、好きな人の心があなたに宿ったように感じられるのだという。相手の心がわかれば、その気持ちを動かす方法も見えてくる。実は、あなたの恋は積極的にアプローチしない方がうまくいくのかもしれない。

 この本を読むと、自分がいかに恋愛において勘違いで行動していたかを思い知らされる。たとえば、本書にはこんなことが掲載されているのだ。

●彼もあなたも「自分」以外のことは考えていない

 あなたは、本当に、彼のことを考えられているだろうか。「一日中考えている」と反論するかもしれない。だが、ペットショップの猫を見るように、自分に都合のいい「妄想の対象」として彼を見ているのではないだろうか。彼との恋を成就させるために必要なのは、徹底的に彼の視点に立つこと。彼の心の中に入ったつもりで、リアルな感情を想像し、「彼から見たあなた」を想像してみることが大切だ。

●女性からのアプローチは「押し売り」

 多くの男性にとって、女性からのアプローチは、「押し売り」に感じる。洋服でただ服を見ていたら「試着しますか?」と声をかけられた時の感覚に似ているのかもしれない。彼があなたの好意を少しでも感じ取れば、その時点で彼の気持ちは離れてしまう。好意を感じさせず、まず、自分自身が付き合うに値するのだという価値を感じさせることが大切なのだ。

●男性の「好き」「嫌い」は5段階

 ぐっどうぃる博士に言わせれば、女性は、男性を「好き」と「それ以外」の2つに分けているが、男性の「好き」「嫌い」には5段階あり、付き合えるのは、そのうち上位2段階にいる女性だけなのだという。

・結婚したいくらい好き。
・付き合いたい。でも結婚はしたくない。
・体の関係を持つだけで十分。付き合いたくない。
・好きにさせるだけで十分。体の関係は持ちたくない。
・生理的に嫌い。

 男性にとってモテないということは「生きている価値がない」と感じさせるくらい強い負の感情となる。だから、「体の関係を持つだけで十分。付き合いたくない」「好きにさせるだけで十分。体の関係は持ちたくないというランクの女性を設けてしまう。そして、これが多くの女性にとっての悩みのタネとなるのだ。

 では、アプローチをせずに、相手に好きになってもらうにはどうすれば良いのか。それはぜひ本書を手にとって確認してみてほしい。この本では、好きな人を恋に落とすさまざまなメソッドを教えてくれる。「男子校系」か「共学系」かなど、タイプに合わせた相手の攻略法、男性の能力を褒める時のテクニック、行き詰まった恋の進め方など、恋に苦しむすべての女性の味方となる内容がギュッと詰まっている。本書を武器に、好きなあの人を恋に落とす準備を進めてみよう。

文=アサトーミナミ