ステキに詩的な屍体色の文学を喰らえッ!

小説・エッセイ

2012/5/17

作品の色、という表現があります。 映像作品や文学、絵画など、創作物には、少なからず著作者の色、カラーが出る、とも言われたりしますね。例えば、日本が誇る映画監督である北野武監督は、独特な青みがかった絵作りの手法でもって、“キタノブルー”などと評されています。青以外にも、黒や白、あるいは赤。と、世にあふれる作品群は、しば... 続きを読む