生き残るために、誰かを殺すことができますか? 凶悪犯ばかりの無法地帯から、無実の青年は脱出できるのか

レビュー

自殺未遂常習者たちが送り込まれた孤島を舞台に、生命の重さや生きる意味を問いかけたマンガ『自殺島』(森恒二/白泉社)。サバイバルを通じて主人公たちが生命と向き合っていく姿は感動を呼び、累計発行部数330万…

本文を読む