「今月のプラチナ本」は、月村了衛『欺す衆生』

レビュー

『欺す衆生』 ●あらすじ● 現代の詐欺のルーツともいわれる、戦後最大の詐欺事件・横田商事事件。その元営業マンであった隠岐は、かつての同僚・因幡と再会する。「取り返そうよ、ここらで、僕達の人生をさ」。家族…

本文を読む