セックスレスで家庭崩壊。摂食障害・うつ病を乗り越えて、『夫のHがイヤだった』の著者がたどり着いた答えとは?

恋愛・結婚

2019/11/16

『夫のHがイヤだった』(Mio/亜紀書房)  どれだけ好きな相手でも、その人とのセックスが「気持ちいい」とは限らない。気持ちのいいセックスには、愛情だけではなく、知識や技術が必要なのだ、ということを『夫のHがイヤだった』(Mio/亜紀書房)は教えてくれる。  この本は、著者であるMioが、自身が経験したセックスレスの... 続きを読む