この小説を読んでもあなたは常識を疑わずにいられるか? 文学史上に刻む危険な短編集『生命式』

レビュー

決してグロテスクなシーンはない。猟奇的なシーンもない。描かれているのは、ある世界を生きる人々の日常だけだ。大事件や大波乱はまったく起きない。 しかし『生命式』(村田沙耶香/河出書房新社)を読むと、どう…

本文を読む