自由な世界にきらめく宝石のような物語――いしいしんじさんの3年ぶりの小説集『マリアさま』

文芸・カルチャー

2019/12/1

『マリアさま』(いしいしんじ/リトルモア)  書店で新作を見つけると、つい本を手に取らずにはいられない作家が数名いる。そのうちの一人がいしいしんじさんだ。初めて読んだ彼の作品は、確か『ポーの話』だったと思う。彼の独特の世界観にすぐに引き込まれてファンになってしまった。いしいさんの物語には「作り物」感を感じない。現実世... 続きを読む