「今月のプラチナ本」は、伊藤朱里『きみはだれかのどうでもいい人』

レビュー

『きみはだれかのどうでもいい人』 ●あらすじ● 県税事務所に勤める、年齢も立場も異なる女性たち。同期が休職したことで、納税担当に異動させられた若手職員・中沢環。納税担当から病休を経て総務担当として働く染…

本文を読む