舌がんでも「生きなければならない」。堀ちえみさんが綴る、壮絶な闘病記

2分で読める
レビュー

「つかぬことをお伺いしますが、堀ちえみさんですか?」 仕事の合間を縫って駆け込んだ病院で、医師は動揺した様子を見せながらそう尋ねたという。 「先生、これは所見の段階で、悪性でしょうか?」と堀ちえみさん…

本文を読む