Yahoo!知恵袋の伝説の質問がコミック化!

小説・エッセイ

2012/5/24

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

ハード : Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/Reader 発売元 : PHP研究所
ジャンル:小説・エッセイ 購入元:紀伊國屋書店Kinoppy
著者名:K.Kajunsky 価格:950円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」というというインパクトのあるタイトルに思わず「どういうことだ? 読んでみたい!」と思いました。Yahoo!知恵袋で実際にあった質問がコミック化されたもので、この衝撃的なタイトルが「実際にあった」ということがまた興味をそそられたポイントです。

奥さんが死んだふりをするシーンは頭に「はてなマーク」がたくさんつきます。旦那さんが質問したくなる気持ちがよくわかりました。奥さんの行動がとにかく謎だらけ、それでいてとても愉快。思わずぷぷっと笑ってしまいます。時々出てくる旦那さんの吹き出しからもれる心の声がまた相乗効果となって笑いを誘ってくれます。不思議な行動をとる奥さんとそれに戸惑いながらも冷静に対処をする旦那さんという関係性がツボにはまります。

読み進めると、”死んだふりをする話”以外の奥さんのおもしろいエピソードも満載。私は「妻が一人遊びをしています」と「妻が面接を受けようとしています」のエピソードが特に好きです。奥さんは芸人でもないのにすごいよ! と言いたくなるくらいおもしろいです。

そんなコントみたいなマンガかとおもいきや、笑いの中にもちゃんと夫婦の絆が丁寧に描写されていてジーンとくるシーンがたくさんあります。初めて二人が出会った場面、初めてデートをした場面、プロポーズをした場面など。何気ない日常の出来事が漫画になるとすごくドラマチックに感じられて、なおかつ共感できてじわりと心が温かくなりました。

すべて旦那さん目線で書かれているのですが、奥さんを見つめる目が普段から温かいのでしょうね。マンガを読んでいても文章を読んでいても奥さんのことを想っているのが伝わってくるのです。自分も旦那さんがいたらどう映るのか書いてもらいたいなんて思ってしましました。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」。それはどうしてなのかを知りたくて読み始めたはずなのに、最後はそのことも忘れてこの夫婦に出会えてよかったなと心満たされていました。


死んだふりのレパートリーが増えていく! 電子書籍のコミックは読みづらいと思っていましたが、文字も見やすく、めくりやすいのでスラスラと読み進めることができます!

「妻が面接を受けようとしています」でのワンシーン。何気ない会話ですが、旦那さんにツッコミがいいです

奥さんと旦那さんのやり取りが絶妙でおもしろい! 奥さんの笑いのセンスに驚きです。マンガの絵も柔らかくて雰囲気にピッタリ

二人の出会いから初めてのデート、思い出をマンガのエピソードにできるには素敵です。このシーンを見たら自分の時はああだったなぁと思い出にふけってしまいます

最後の最後でようやく謎がとけた! しかも感動でぶわーっと涙が!! と思いきや…次ページは読んでからのお楽しみです
※画面写真は紀伊國屋書店BookWebのものです