『サザエさん』サザエが“茶髪ショート”にイメチェン「下半期一番の衝撃」

エンタメ

2019/12/15

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 12月8日に放送されたアニメ『サザエさん』で、なんとサザエが“茶髪ショート”に。突飛な姿に、視聴者からは「誰だか分からない」「金爆っぽい」などと衝撃を受ける声が多くあがっている。

 話題になったエピソードは、作品No. 8022「姉さん 自分磨き」。ある日、サザエは気分転換におしゃれをして商店街へ出かけることに。ピンク色のトレンチコートに、頭からブルーのスカーフを被り、白のハイヒールを履いたエレガントな雰囲気だが、その別人っぷりはいつもの魚屋さんも全く気が付かないほど。偶然通りかかった美容室で、新製品のキャンペーンを試してみないかと声をかけられたサザエ。すっかりメイクアップしてもらい帰宅すると、その磨き上げられた姿にカツオとワカメは「お姉ちゃん奇麗!」と大興奮し、マスオも目を丸くして「あれ? 一段とすてきに見えるんだけど」と絶賛。有頂天になったサザエは、自分磨きをさらに加速させていく。

 休日、サザエは“自分に似合うもの探し”をするためデパートへおでかけ。帰宅すると、なんとオレンジみのある茶髪に、ツンツンと尖がった奇抜なベリーショートヘアーに大変身している。サザエ曰く、デパートでこの“ヘアピース”を試着し、店員たちからベタ褒めされたことに気を良くして購入してしまったそう。ご機嫌なサザエに反して、マスオたちからは「似合わない!」と猛反対されてしまうのだった。

 するとそこに、ブルブルと身体を震わせた波平が帰宅。どうやら、着ぶくれを嫌がって薄着ででかけたところ、予想以上の寒さだったらしく「外見より中身の方が肝心だってことを思い知らされたよ…」と後悔している。そんな波平の何気ない言葉に、ハッとしたサザエ。「私も外見より内面を磨いておかないと」と、翌日にはすっかりいつものスタイルに戻したのだった。

 サザエのレアな髪型に、視聴者からは「誰ーー??? サザエ!? 飛ばしすぎw」「サザエさんは髪型が変わると完全に別人になるな」「下半期一番の衝撃を受けました」「スーパーサイヤ人・サザエ」「声に出して笑った。これ元に戻るのに1年くらいかかるやつwww」「やはりサザエさんの本体はあの髪型である」「令和のサザエさんの髪型」などと衝撃を受ける声が続出。一方で、「サザエさんのショート茶髪最高じゃん」「サザエさんボーイッシュヘアーイケるやんけ!」などと意外に好評な声も。

 実は、“サザエさんヘアー”は昭和20年代に流行した「モガヘアー」という当時のトレンドスタイル。おしゃれ感度の高いサザエさんらしいエピソードとなったようだ。