イケメンなのに彼女ができない3B男子の奮闘がおもしろい!『絶対に付き合ってはいけない3B男子』

マンガ・アニメ

2019/12/15

『絶対に付き合ってはいけない3B男子』1巻(馬あぐり/フレックスコミックス)

 バンドマン、美容師、バーテンダー。これらは、女子が付き合うととても苦労すると囁かれている、頭文字に「B」のつく職業だ。

「3B男子」と称される彼らと付き合ってはいけない理由は、オシャレでモテそうだから、女性関係にだらしなそうだから、生活リズムが合わずすれ違いが多いから…などさまざまだが、もちろん全員に当てはまるとは限らない。中には、誠実な性格で、彼女がほしい! と、熱烈な願望を抱いている男子がいるかもしれないのだ。

 馬あぐりさんの『絶対に付き合ってはいけない3B男子』(フレックスコミックス)は、そんな世間のイメージとはちょっと違う3B男子たちの奮闘をコミカルに描いたマンガである。登場するのは、軽音サークルで活躍する赤髪の大学生の馬場勉(20)、表参道で美容師をしており、究極のナルシストで潔癖症でもある尾留川美(びるかわきよし)(23)、最後に、人見知りのバーテンダーの別所文太(25)。

 3人はイケメンで話しやすいにもかかわらず、「付き合ってはいけない3Bだから」という理由で、合コンでも早々に敗北し、彼女ができず悩んでいた。しかも、勉とビル(美容師の尾留川)は彼女いない歴=年齢の童貞だ。そこで彼らは、勉の呼びかけで、「3B 男子はサンコイチ」として運命共同体となり、全員彼女ができるまで、風評被害と戦うことにするのだが…!?

 本書は、イケメンなのに、中身がちょっと残念な可愛らしい仲良し男子たちの奮闘がテンポ良く描かれている。

 バンドマンの勉は、行きつけのカフェでカップにハートマークを書いてもらっただけで告白されたと勘違いして暴走するし、美容師のビルは、美しすぎる自分のことが大好きで、そんな自分に見合う女性を探している。

 中でも異彩を放つのは、バーテンダーのブンさん(バーテンダーの別所)だ。彼は「賃金が発生しないとコミュ力が機能しない」人見知り。仕事中はクールな立ち振舞いで女性客から大人気にもかかわらず、営業時間が終わると即、表情筋が死ぬ。さらに愛犬のチワワを溺愛しており、犬の惚気に友人を1時間付き合わせるのはもちろん、帰宅後は部屋に飛び込み「さくらただいまぁぁぁあぁぁ~~パパ帰ってきたよおおぉぉぉお~~~!!!!」と、愛犬をスリスリしたあと、肉球の匂いをかぎ、テンション高く抱きしめるのである。…確かにちょっと変わっているが、ブンさんに共感する大人は意外と多いのではないだろうか。

 終始笑いっぱなしで本書を読んでいると、本当に、人は見かけによらないなと思えるし、他者には見せない自身の本心や素の表情を、温かく見守ってくれる友人がいる彼らが、心の底からうらやましく思えてくる。

「なんか思ってたんと違った」と振られる男子だが、人に対する優しさや、曲げられないプライド、独特のこだわりなどはとても魅力的に映った。

 いつか3人にふさわしい素敵な彼女が登場することを期待しつつも、しばらくはこれまで通り「サンコイチ」として奮闘しつつ、笑わせてほしいような気もする。

文=さゆ