13歳で先生に強姦された作家が自殺――台湾社会を震撼させた、“性的虐待”の実話にもとづく衝撃的な小説!

文芸・カルチャー

2019/12/20

『房思琪(ファン・スーチー)の初恋の楽園』(林奕含:著、泉京鹿:訳/白水社)  2019年10月、衝撃的な小説『房思琪(ファン・スーチー)の初恋の楽園』(林奕含:著、泉京鹿:訳/白水社)が日本に上陸した。なぜ衝撃的なのか。中国で刊行された2ヶ月後に作者が自殺し、台湾社会を動かす事態にまで発展したからだ。実は、台湾は過... 続きを読む