セミは死に際にどんな景色を見ている? 生き物たちの“最後の輝き”から人間の生を考える

スポーツ・科学

2019/12/23

『生き物の死にざま』(稲垣栄洋/草思社)  ふだんの生活の中でふと、自分自身の“死”について思いを巡らせる瞬間がある。命を託され生まれてきたからには、いずれ死ぬのは必然。自分が今何をやるべきかと考えると、やがてこの世からいなくなるまでに「自分にいったい何ができるんだろう」という思いが込み上げてくる。    そんな感傷... 続きを読む