2024年、日本で「安楽死法案」可決!? ベストセラー医師による、初の本格医療小説!

文芸・カルチャー

2020/1/30

『小説「安楽死特区」』(長尾和宏/ブックマン社)  自分の人生の幕引きくらい、自分で決めてしまいたい。病におかされ、治療の強い副作用で、自分が自分でなくなってしまうくらいならば、すぐにでも自ら死を選びたい。私は私らしく生きて私らしく死にたいのだ――自らの「死」について考えた時に、そう思う人はきっと少なくはないだろう。... 続きを読む