2024年、ついに日本で安楽死法案が可決。東京五輪後に施行される尊厳死を選ぶ人の心境とは?

文芸・カルチャー

2020/2/10

『小説「安楽死特区」』(長尾和宏/ブックマン社)  少子高齢化に伴う社会保険料増大に対して懸念する声が目立つ。誰かが支払っている保険料によって、万が一のときは自分も救われるという相互扶助の仕組みも、世代間の人口比が変化してきたことから先行きが危うくなりつつある。    そう遠くない未来を描いた『小説「安楽死特区」』(... 続きを読む