「もっとできることがあったんじゃないか…」という後悔――緩和ケアナースとともに考える、大切な人の見送り方

レビュー

どんなに心を尽くしても、必ず後悔が残るのが大切な人との死別だ。『32歳で初期乳がん全然受け入れてません』(竹書房)のなかで著者の水谷緑さんは、6年前に膵臓がんで亡くした父のことをふりかえり「人って突然死…

本文を読む