ヒロシも絶賛「ガサツな俺でもできる!」キャンプでも自宅でもOK、ベアーズ島田キャンプの“サボり飯”レシピ

暮らし

2020/3/18

『ベアーズ島田キャンプのサボり飯』(ベアーズ島田キャンプ/主婦の友社)

 近年、大自然をひとり占めできる「ソロキャンプ」が人気を高めています。その立役者のひとりとして活躍する野外料理研究家・ベアーズ島田キャンプさんの、初のレシピ本『ベアーズ島田キャンプのサボり飯』(主婦の友社)が出版されました。

 本書は「ただただキャンプをしてつまみを作るおじさん」と自称するベアーズ島田キャンプさんが、これまでの経験をたよりに手軽に作れるさまざまな料理を紹介してくれる1冊。どのメニューもキャンプ場だけではなく、自宅でも試してみたくなるものばかりです!

甘みを丸ごと味わえる「玉ねぎのフライドオニオンのせ」

 見た目もかわいらしい1品が「玉ねぎのフライドオニオンのせ」です。ベアーズ島田キャンプさんいわく、玉ねぎは「熱を加えるほど甘くトロトロに変身」するのが食材としての魅力であり、アルミホイルにくるんで火元に放り込むだけで、丸ごと味わえるぜいたくな1品ができあがります。

玉ねぎのフライドオニオンのせ

【材料】
玉ねぎ(1個)/バター(20g)/フライドオニオン(5g)/ポン酢(適量)
【作り方】
1:玉ねぎは皮をむき、切り目を入れる。
2:アルミホイルで玉ねぎを包み、たき火に入れてじっくり焼く。
3:耐熱グローブをはめた手でつかみ、やわらかくなったら火からおろし、バター、ポン酢をかける。
4:フライドオニオンを散らす。

豚肉の味わいがジュワッと広がる「塩豚バラ」

 近ごろよく聞くのが「低温調理」と呼ばれる方法。食材にじっくりと火を通すことで、うま味を引き出す調理法ですが、ベアーズ島田キャンプさんのおススメする「塩豚バラ」もそのメリットを活かした1品です。

 調理方法はいたってシンプルで、ファスナー付きのフリーザーバッグに一晩寝かせた豚バラのブロック肉を入れて、沸騰したお湯に入れるだけ。簡単ながらもジュワッと広がる豚肉ならではの甘みを堪能できる1品で、あっさりとした塩味のため、サラダにのせたり、締めのラーメンのチャーシュー代わりとしても使える万能メニューです。

塩豚バラ

【材料(4人分)】
豚バラブロック肉(400g)/長ねぎ(5cm)/きゅうり(5cm)/あら塩(10g)
【作り方】
1:豚肉はあら塩をまぶしてファスナー付きビニール袋に入れ、空気を抜いて一晩おく。
2:たっぷりの水を沸騰させたダッチオーブンを火からおろし、1を30分入れる。
3:豚肉を切り分け、ねぎときゅうりのせん切りをそえる。

揚げずに作れる磯辺揚げ「ちくわの磯辺まぜ」

 お酒のつまみとなると、火を使わずにサッと作れる1品も欲しいところ。本書で紹介されている「ちくわの磯辺まぜ」は、揚げる手間もなく“磯辺揚げ”風に味わえるメニューです。切ったちくわと青のり、天かす、紅しょうが、マヨネーズ、卵黄を混ぜるだけで、あっという間に完成します。

ちくわの磯辺まぜ

【材料】
ちくわ(4本)/青のり(2振り)/天かす(2振り)/紅しょうが(適量)/マヨネーズ(20g)/卵黄(1個分)
【作り方】
1:ちくわは適当な大きさに切る。
2:ファスナー付きビニール袋にちくわ、天かす、紅しょうが、青のり、マヨネーズを入れてあえたら、シェラカップに盛り、卵黄をのせる。

 ここまで紹介してきたのは、ごく一部。本書には他にも、さまざまなレシピが掲載されています。タイトルどおりの「サボり飯」の数々は、どれも身近な食材で手軽に調理できるものばかり。市販の調味料をうまく使ったり「手間5分で90点以上のおいしさ」になるのだとか。お酒のつまみだけではなく、ご飯のおかずにしたくなるものもあるので、ぜひ試してみてください!

文=青山悠