知られざる“最底辺の職業”の生態! 73歳の交通誘導員が書いた、悲哀と笑いのヨレヨレ日記

小説・エッセイ

2020/3/22

『交通誘導員ヨレヨレ日記』(柏耕一/フォレスト出版)  工事現場の傍らに立ち、車や歩行者の交通誘導をする「交通誘導警備員」(以降、交通誘導員)は街なかでよく見かける存在だが、その生態ともいうべき詳しい情報はあまり知られていない。 『交通誘導員ヨレヨレ日記』(柏耕一/フォレスト出版)は、知られざる交通誘導員の生態を悲哀... 続きを読む