病院の延命治療は拷問でしかない、と著者はいう

小説・エッセイ

2012/6/7

すごく売れた本である。 新書の場合、すごく売れる本には2つの法則がある。 ひとつは実用面でめざましく役立つ情報が書かれていること。 2つめは、世間の常識をくつがえす新しい知識をスキャンダラスにぶちあげて我々を「ビックリ」させること。この場合へたするとその知識の真偽は二の次になることすらある。 この本は二番目の要素で際... 続きを読む