読後、気づけば背筋が伸びている。スケーター宮原知子の人生哲学にも触れる英語術の本

暮らし

2020/3/30

『宮原知子の英語術』(宮原知子/KADOKAWA)  4歳で渡米。およそ2年半の米国滞在を経た宮原は、小学2年生になる春に帰国した。そこから、「せっかく身に付き始めた英語をがんばりたい」、「少しずつでも自分のできそうなこと、続けられそうなやり方を見つけて楽しんでやることを大切に」と、日本での英語学習をスタート。『宮原... 続きを読む