春は出会いの季節! 「自分史上最小の小顔」で第一印象は抜群にアップする!!

健康・美容

2020/4/2

『自分史上最小の小顔になる』(川島悠希/KADOKAWA)

 入社や人事異動があったり、新しく習い事を始めたり…。新年度がスタートする春は、新しい出会いが多い季節。良好な人間関係を築くには、第一印象が大切になってきます。

第一印象は「顔」で決まる!

 人の第一印象は「出会って数秒で決まる」とも言われます。しかも、何を話すかよりも、見た目や態度、なかでも「顔」が、その人の印象を大きく左右するというデータも!

 ところが、「顔が大きいせいか、態度まで大きく見られがち」「エラが張っているのが気になって、表情がかたくなってしまう」など、顔に自信が持てず、消極的な態度になってしまう人も多いようです。

 そんな人におすすめなのが、“1日3分、骨を押すだけ”で小顔になるマッサージ。『自分史上最小の小顔になる』(KADOKAWA)では、YouTubeチャンネル「美容整体師 川島さん。」で人気の美容整体師・川島悠希さんが、自分で小顔を作るテクニックを伝授。YouTube未公開のとっておきマッサージも多数掲載しています。

骨格と筋肉を整えて小顔美人に

 川島さんの小顔メソッドの最大の特徴は「骨を動かす」こと。そう聞くと「骨って動くの? 自分ひとりでできるの? 何だか痛そう」などと思う人もいるかもしれません。

 でも大丈夫! ポイントとなる骨に手を押し当て、じわ~っと圧をかければOK。骨と骨のわずかな隙間を埋めるように締めていくイメージです。顔の土台となる骨にアプローチをするので、即効性があって、リバウンド知らず。骨を動かしやすくするために、筋肉をゆるめるマッサージも組み合わせれば、さらに効果大。憧れの小顔があなたのものに!

小顔になる3つのテッパンメニュー

 では、実際に、小顔になる3つのテッパンメニューをやってみましょう。

「頬骨のでっぱり」「エラ張り」「フェイスラインのたるみ」といった、デカ顔3大要素を解決する方法です。




 どれも1回たった3分。毎日続ければ、骨と筋肉が引き締まった位置を覚えていき、確実に今よりも小顔になれます。 このほか、本書では、小顔になる生活習慣のアドバイスなども紹介しています。

 この本をきっかけに、「顔」に対するコンプレックスを解消して、自分にちょっとでも自信が持てるようになれば、自然といい表情が生まれて、第一印象がグンとアップ! 小顔を手に入れると同時に、気持ちも前向きになれる1冊です。

この記事で紹介した書籍ほか