井伏鱒二も魅せられた、 児童文学の最高傑作!『ドクター・ドリトル』公開前に味わう金原瑞人の新訳!

文芸・カルチャー

2020/4/4

『ドリトル先生アフリカへ行く』(ヒュー・ロフティング:著、金原瑞人・藤嶋桂子:訳/竹書房)  川のほとりのパドルビー。なんて素敵な響きだろうと幼心に憧れたその場所は、ドリトル先生の屋敷があるイングランド南西部の田舎町だ。ドリトル先生、それはあらゆる動物の言葉を話せる心優しき獣医。1961年に井伏鱒二の翻訳版が刊行され... 続きを読む