ごくごく普通のアラサーOL、仕事はときどき隠密行動!? 現代を生きる忍者の痛快お仕事(!!)小説!『忍者だけど、OLやってます』

文芸・カルチャー

2020/4/5

『忍者だけど、OLやってます』(橘もも/双葉社)  たとえば電車に乗っているとき、想像してしまうことがある。今、隣にいるこの人、エスパーだったらどうしよう。頭の中をぜんぶ読まれて、「なに考えてんのこの人」と笑われていたら恥ずかしい。一度そう思ってしまうと、周囲がみんな疑わしく思えてくる。この人は魔女、その人は超能力者... 続きを読む