「こんなこと書いちゃって大丈夫?」筒井康隆による皮肉とユーモアの極上SF短編集

文芸・カルチャー

2020/4/17

『堕地獄仏法/公共伏魔殿』(筒井康隆/竹書房)  この本は、猛毒だ。「危険」と注意喚起しても良いくらいだ。ドキッとしてしまうような皮肉とユーモア。その刺激がいつの間にか病みつきになってしまった。その本とは、筒井康隆による『堕地獄仏法/公共伏魔殿』(竹書房)。  筒井といえば、『時をかける少女』や『パプリカ』などで知ら... 続きを読む