こんな小説解説、見たことない!世界的な有名小説がギャグテイストになる『よちよち文藝部 世界文學編』

マンガ・アニメ

2020/5/11

『よちよち文藝部 世界文學編』(久世番子/文藝春秋)  どうしてカタカナの名前は、覚えにくいのだろう。子どもの頃、私は祖父からよく小説を与えられた。しかし、覚えているのは日本の小説だけで、海外文学は10代以降に読んだものしか記憶に残っていない。  理由はひとつ。海外文学に続出するカタカナの人名に混乱してしまい、なかな... 続きを読む